父母と義父母
昨日父から電話がありました。
「あさってから行ってくっから。」

海外旅行だそうです。今回はドイツ→スイス→フランスだそうです。

ええのぉ~。

父も母も既に退職し、毎日自由な時間を謳歌しています。
父は一日おきのアルバイトをしつつ、仕事のない日はゴルフ三昧。
母は、水泳にエアロビにと毎日ジムに通っています。

母は、それまで海外に行ったことがなく、行きたいとも思ってない人でした。
長時間飛行機に乗るのが嫌だからと。

でも昨年、とうとう父の強い誘いでイタリアに行ってきて以来、
すっかり海外旅行好きになってしまい、年2回ペースで渡航しています。

もしかして、二人は今、人生で一番自由で楽しいときを過ごしているのではないだろうか。
ほんとにうらやましい。というか、私もそんな生活したい。今にでも。
まあ、私もどちらかといえば自由なほうですけども。


なんてことを、帰りの車の中で考えていたら、

義父母のことを思い出した。








夫のご両親は、こんなリタイヤ後の楽しみを経験することなく、他界しました。

お義母さんは、何十年も続けた仕事を早期に退職し、
これから自由を満喫しようと思っていた矢先に病気が発覚し、
数年の入院生活後、私たちの結婚を見届けて亡くなりました。

お義父さんも、そのあと数年後にやはり病気で亡くなりました。

子育ても終わり、仕事も区切りを付けて、
何にも制限されない、自分たちだけのために使える時間に、
自分のやりたいことをして過ごすことって、果たして二人にはあったんだろうか。

奇しくもそれは、母の病室で過ごした時間だったのかもしれない。

そんなこと考えてたら、車の中で涙が出そうになった。

仕事をしている時間が自分のやりたいことしてる時間、だとか、
子供のために費やす時間が生きがいだとか、
人によって、また自分の今の環境によって、幸せの尺度はそれぞれある。

今の私の幸せの尺度は、

まず、心身ともに「健康」であること。
そして「自由」であることです。
毎日好きなときに、好きなとこ行って、好きなもの食べて、好きなときに寝て、
生きてたいです。

だから、、、

にゃほ人形が言ってるとおり「今しかできないことしないとね。」

いや、「今のうちにやりたいことやっとかないとね。」かな。
[PR]
by nyahonyaho | 2005-06-30 20:00 | 日々徒然
<< 手作りパン ~超簡単にできちゃ... 鶏もも肉のから揚げ 薬味ソース >>