私ってこうゆうの一生ない人だと思ってた
買い物の帰り道。

いっつも通ってるまっすぐな農道で。

警備員風の人が、横道から突然現れ、左折するよう私を誘導する。

「何だろう、まっすぐは通行止めなの?」

その人は、警備員ではなく、おまわりさん!

「スピード出てましたねぇ~。じゃ、ここに車停めて、あのワゴン車に行って下さい。」

え、何々?!もしかしてこれって、生まれて初めての









「急いでたんですか?」(結構若僧 おまわりさん)

「まぁ、早くうちに帰りたかったんで・・・」(とりあえず弁解 にゃほ)

「何キロ出てたか、わかりますか?」 (若いくせにお決まりの意地悪 おまわりさん)

「いや~、そんなに出てないと思うんですけどぉ」(なんとかなんないかなぁ せこいにゃほ)

「この道、制限速度何キロか知ってますか?」(このやりとり、ロープレ練習してんのかな おまわりさん)

「50キロ ですか?」(勘で言ってみる にゃほ ・・合ってた・・)

「そうですよねぇ、でね、にゃほさん、69キロ出てましたわぁ。 1点減点の12000円です。」
(サクッと おまわり)

「・・・・・(絶句)・・・・・。今までゴールド免許だったのにな~。」(未練たらたら にゃほ)

「・・・・・」(聞こえないふり おまわり)

「カメラってどこにあったんですか?」(ドッキリカメラの後のアイドルみたいなことを聞くにゃほ)

「あそこです。」(草むらの影を指差す おまわり)

よく見ると、草陰にもう一人の警官も隠れて座っているではないか!あのおじさんは何の役目?

「へぇ~。この道で検問してるの見たことなかったんですけど。」(まだじわじわ食いつく にゃほ)

「そんなことないですよ。」(面倒くさそうにあいづち おま)

「へー、15キロオーバー以上から罰金なんだ~」(おまの資料をのぞきこむ にゃほ)

「そうですよ。高速の場合は、違いますけどね」(何言われても罰金いただきますよ の おま)

「・・・・」(にゃほ)

「・・・・」(おま)

「お金は、今ここで払えばいいんすか!」(腹をくくった にゃほ)

「あとで、この紙もって、郵便局で払ってください」(おま)

はんこの代わりに、指紋の拇印を押させられすっかり犯罪者です。

「じゃ、スピード出しすぎ、気をつけてくださいね」(このキメ台詞もロープレか おま)

すっかり肩が落ち、猫背の私。とほほほ~。
ちなみに、私の直後に捕まってワゴンに来たおにいちゃんは17キロオーバーでした。
それもつらいのぅ。

あー、12000円。私のお小遣いなんだから、有益に使ってくださいね!日本国よ。

まぁ、その後、派遣会社から仕事紹介してもらえたから、相殺ってことでまーいっか。

派遣の話は、明日に続く。。。
[PR]
by nyahonyaho | 2005-05-30 20:12 | 日々徒然
<< スマイル ウオノメがとれた >>