<   2005年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ホンとになくなるのね・・・
私とほぼ同い年のここ、とうとう閉鎖ですか。
さびしいです。
子供のころは、ここってデパートだと思ってました。
休みの日に家族で買い物といえばここだったので。

おおっ、津田沼店もですか・・・。
小6~中3まで千葉に住んでいたので、懐かしいです。
新潟以外の店舗に初めて行ってみて、改めて新潟店がすごく大きかったんだということを実感したものです。

あんなに巨大な建物、どーなるんだろ。
[PR]
by nyahonyaho | 2005-09-30 00:19 | 日々徒然
もうとまらない!
こうしている今も、パンは1次発酵中です。
手ごねは疲れます。でもあの手触りがやめられない♪
今は、こねるのちょっとがんばりすぎて、頭がくらくらしております。
無酸素運動になってたかな。

先日、パン教室の体験講座に行ってきました。
d0031336_1854437.jpg
オレンジとカスタードクリームのパンと、クルミのプチパン。
最近ハード系のパンばかり食べていたけど、たまには甘いパンもおいしいです。
プチパンは、焼き色が濃い目ですが、濃いほうが消化によいのだそうです。

あと、焼く前に牛乳をぬるときれいに色がつくんだって。へぇーってかんじ。


d0031336_1859377.jpg
こっちは天然酵母で作るパンの体験講座。
くるみアンパンと、全粒粉入り田舎パン。
アンパンは、あんこの中にクリームチーズが入ってます。めちゃおいしい。
田舎パンも皮さくさくの、中ふわふわ☆


d0031336_1942614.jpg
んでもって、こちらは私の新作、かぼちゃパン。
ゴマとかぼちゃあうな~。でも、上のに比べるとちょっと重いです。
熱々で食べるとおいしいです!


というわけで、10月からパン教室に通うことに決めました。
天然酵母コース。楽しみ~☆
[PR]
by nyahonyaho | 2005-09-27 19:11 | 手作りパン
妙高・黒姫の旅 その4
この日の宿は一の宿 元
こちらもやはり改装してデザイナーズっぽくなってました。
私たちは普通の部屋でしたが、中には露天風呂つきの部屋があり、よく雑誌にも紹介されています。
いろいろ細やかなところで凝ったおもてなしをしてくれる宿でした。
寝酒にと、ホットワインが出てきたのはおしゃれっぽくてすてきでした。

d0031336_20183571.jpg

これ朝食です。ビンゴみたいで面白い盛り付け。

d0031336_20241478.jpg
おかず一つ一つに、「げんかつぎ」が割り当てられていて、赤いマークが出たおかずのげんかつぎをすると、その日一日いいことがあるかもっていうこと。

私は「ロビーにおいてあるの坪の底を、を左手の親指でさわる」だったかな?

オットは、食べても食べても赤いマークが出てこず、普通の銀色のマークさえもついてない
場所もありました。。。つくづくビンゴに弱いオット。

最終日ゴルフは、妙高高原ゴルフクラブ
ここもやっぱり好きなゴルフ場です。
コースがきれいなのと、なんといっても特にレディースティーが距離が短いので
いいスコアが出やすいんです。

秋のお花畑がきれいに咲き乱れていました。
d0031336_20305174.jpg


スコアも上々!
妙高大好き。満喫した3日間でした♪
[PR]
by nyahonyaho | 2005-09-26 20:33 | 旅行
妙高・黒姫の旅 その3
次に向かったのは、笹ヶ峰牧場。
この季節は放牧中で、広大な敷地に牛が放し飼いにされています。
d0031336_12583837.jpg



d0031336_12585962.jpg
アップで見るとまつげが長くてかわいい♪


隣の敷地では、ピクニックしてる家族やカップルがいました。
この辺いったいは国立公園になっていて、2時間~5時間ぐらいのトレッキングコースもいくつかあります。
早起きしてゴルフばっかりじゃなく、たまにはこういうのもいいかもなー。

次なるは、黒姫へ。
黒姫から戸隠へ抜ける道には、「もろこし街道」と呼ばれる場所があります。
地場農家(たぶん)の方が、道沿いに店を出し、とうもろこしをはじめ、野菜を売られています。
なかには、作りたての焼き&ゆでとうもろこしを食べられるスペースがある店もあり、
どこも繁盛していました。

ちょうどお昼を過ぎ小腹がすいたところなので、焼きとうもろこしを頂きました。
d0031336_13275545.jpg

甘くておいすぃ~~い♪ しかも一本150円!さらに漬物つき!
大満足です。

そこからさらに車で数分行くと、ありました。らんぷ屋工房
ハーブガーデンや、ハープのアレンジメント、喫茶店もされていて、とっても素敵なお店です。もう大興奮の私。

d0031336_13371395.jpg


いいなー。あたしもいつかこんなふうに、ハーブガーデンをしながら、
パンを焼く生活をしてみたいにゃー。

喫茶店ではしっかりケーキも頂きました。
d0031336_13392090.jpg

写真手前のオットのオーダーは、ルバーブとくるみのタルト、ロシアンティー。
奥は私のオーダー、かぼちゃケーキと、レモン系ハーブティ。

オーナー奥様のこだわりのロシアンティーの飲み方。
ウォッカ漬けのジャムを、まず口に含んでから紅茶を飲む。
そうすると、ウォッカが「かぁーっ」とのどに来て、おいしいのだそうです。
紅茶に入れてしまうより、味がはっきりして、確かにおいしい☆
オットは、アルコール弱いので、あっという間に真っ赤になってました(*^。^*)

この後は、2軒目のお宿へ。

以下はただの備忘録です。
[PR]
by nyahonyaho | 2005-09-23 13:52 | 旅行
妙高・黒姫の旅 その2
2日目は旅館から車で10分ほどで行けるという滝を見に行ってみることにしました。


d0031336_11405931.jpg
燕温泉。ここってかなりの秘境です。冬は雪で孤立するのでは?
地元の新聞では毎年冬になると、スキー場の積雪情報が載るんですが、ここ燕は、いち早くものすごい積雪量に達します。
妙高・赤倉までは何度も来てるけど、ほんの10分先にこんな秘境があったとは。



車を止めて、こじんまりとした温泉街を歩くこと数分。。


d0031336_11455295.jpg
さらにこんな坂を上っていきます。ここって冬はゲレンデだね?



5分ほど上り終えると、滝見台にたどり着きました。
d0031336_11482999.jpg


5分とはいっても、坂道は結構疲れました。
着いたときはかなりの気分爽快でしたよ~。
これ、紅葉だったらもっときれいだろうな。秋が深まるころまた来てみたいです。

帰りは、坂道の途中にある露天風呂黄金の湯にチャレンジ。
こういうワイルドな露天風呂は初めてです。
晴れてて、風も心地よく、気持ちよかったですよ~。
緑の中の温泉もいいけど、紅葉の中で入るのもきっといいだろうな。

さて、プチハイキングの汗もすっきり流したところで、
お次は、牛さんに会いにレッツゴー!
[PR]
by nyahonyaho | 2005-09-23 12:01 | 旅行
妙高・黒姫の旅 その1
9/17~19まで、妙高・黒姫に行ってきました。新潟県と長野県の県境にあります。
ここはなんだか好きで毎年来ている気がする。
車で2時間ほどで行けて、高原で涼しく、空気がおいしくていいところです。

今回の旅の主な目的はゴルフ。
まず初日は、松ヶ峰カントリー倶楽部。初めてでしたが、距離短めで初級者にやさしいコースです。
d0031336_20442918.jpg

天気も良く、スコアもなかなかでごきげんゴルフでした♪
雲がなければ、妙高山がくっきり見えたのに、残念です。

そして、泊まった宿は、お宿ふるや
最近改装したようで、きれいでした。部屋やロビーには素朴でかわいい飾りがあったりして、がんばってるなって感じが伝わる旅館です。
中でもご飯がおいしかった~。
d0031336_20493891.jpg

なんと、痛恨のピンボケではないですか!!!おいしかったのに~。
しかも食べるのに夢中で、後から出てきたもの撮ってないし・・・。

どれも飾らない素朴なものばかり。
なかでおオットが絶賛していたのが、「野菜と豚肉の山椒味噌陶板焼き」。(左写真の左上)
味噌がほのかにチーズのような、ゴマだれのような味で、いつか家でも再現してみたい一品。
写真右は、新潟の郷土料理「のっぺ」。
ここのは、とろみがかってました。これは初めて。このあたりはこれが普通なのかな?
とろみがあってもおいしいなと思いました。

ビールだけでは飽き足りず、日本酒も飲んじゃってたりして、もう満腹。
マジで胃袋が爆発するかと思いました。


そして明くる朝。
どうして旅行にくると、こんなに食べられちゃうのでしょうか。
昨日の爆発危機はどこへやら。
d0031336_2145918.jpg


干物の焼き加減も絶妙だし(しっぽしか映ってないけど)、
山菜とジャガイモのお味噌汁おいしかった~。山菜がすごくしゃきしゃきしてるの。

またまた満腹。助けてー。

その2へ続く・・・。
[PR]
by nyahonyaho | 2005-09-21 21:14 | 旅行
はちみつとジャム
d0031336_826172.jpg


オットが出張帰りにラベイユのはちみつを買ってきてくれました。(小さいビン2つ)
左はローズマリー、右は秋の新作イタリアの栗。
どちらもまだ食べてませんが、栗のほうは独特な渋い香りがします~。
あー早くパンにつけて食べたい♪

一番右の大きいビンは、桃ジャム。
安売りで買った桃がいまいちおいしくなかったので、ジャムにしてみました。

【作り方】

 桃 5個
 グラニュー糖 200g
 レモン汁  適量


①桃は皮をむき、細かく刻む。 
②鍋に桃、グラニュー糖、レモン汁をいれ砂糖が溶けるまで混ぜる。
③弱火にかけ、焦げないように30分ぐらい煮詰める。
④熱湯消毒したビンに、熱々のままいれふたをして、逆さまにして冷ます。
⑤あら熱が取れたら冷蔵庫で保存。


 ビンに詰めた後、どうして逆さまにするのかはわかりません。
ネットで検索したレシピに、たいがいこう書いてありました。

桃があまりおいしくなかったので期待していなかったけど、
甘さ控えめで出来上がりはかなりいいです!

割とゆるいジャムになるので、ヨーグルトに入れて頂くのがおいすぃい~です。
熱々のは、牛乳に入れて飲んでもおいしそうな香りがしましたヨ。
[PR]
by nyahonyaho | 2005-09-16 08:44 | 保存食作り
絵手紙
先日ポプリをプレゼントした叔母から、絵手紙が届きました。
d0031336_0454495.jpg


こういうお手紙ってもらうととてもうれしいですね。
きっと私のこと考えながら、時間かけて描いてくれたんだな~ってのが伝わるから。

私にも絵心があれば、こういうのすらすらーっと書いて、マメにお手紙してみたいものです。
[PR]
by nyahonyaho | 2005-09-15 00:54 | ハーブ・アロマ・花
モイストポプリ
前々回のハーブ教室でモイストポプリを作りました。

モイストポプリとは・・・
一般的なドライポプリとちがって、生乾きのハーブを使い、
あら塩をして寝かせて作ります。

材料は・・・
バラやラベンダーなどそれ自体に香りがして、花の色がある程度のこるの主材、
クローブ等スパイス系やオレンジの皮など、香りに深みを与える副材、
そして、あら塩が香りを統一し持続させる保留材の役目を果たします。
(ドライポプリではシダ、杉などの木屑や鉛筆の削りくずを使います。)

上記主材と副材にエッセンシャルオイルを適量入れてよく混ぜ、
素焼きのポットにハーブと塩を交互に入れて層状につめていきます。

重石をして、2週間ほど寝かせてできあがり。

d0031336_06343.jpg


ドライポプリは、通常3ヶ月から半年くらいで香りがしなくなってきますが、
このモイストポプリは、何年も香りが持続するとのこと。
教室の先生のは、もう30年も持っているとか!

香りが弱くなったら、ブランデーをたらすと復活するそうです。

素焼きのポットにふたをした状態で置いていても、
ほのかにいい香りがしてうっとりです。

叔母の家に行く用事があったので、早速小分けにしてお土産に持って行きました。

d0031336_0105615.jpg


2週間ほど寝かせていい感じになったので、
小分けにして叔母の家に遊びに行くのにお土産に持っていきました。

この後、びっくり発言が・・・
[PR]
by nyahonyaho | 2005-09-13 00:17 | ハーブ・アロマ・花
こんな壊れ方もある
ノートパソコンのコードを抜いたら部品がくっついてきました・・・。

d0031336_817445.jpg

もはやオットのおもちゃ。解剖が始まります。





[PR]
by nyahonyaho | 2005-09-08 08:37 | 日々徒然